ようこそ、高円寺デンタルクリニックのホームページへ
ホーム ごあいさつ 院内の様子 診療の内容 治療費 医院案内 歯科お役立ちサイト サイトマップ

ネット予約

インプラント
歯周病
虫歯
小児歯科
小児歯科
矯正歯科
ホワイトニング
義歯(入れ歯)
顎関節症
知覚過敏
妊婦さんの治療
定期的な検診
これからの花嫁の方々へ

歯がしみる2つの原因と治療

【知覚過敏】
歯の外側をおおうエナメル質が削られてしまったり、歯周病などによって歯ぐきが退縮してしまうと、歯の内側にある象牙質が露出してしまい、外からの刺激(冷たい物や風、歯ブラシなどの刺激)が神経に伝わりやすくなり、不快感や痛みを生じます。

■ 治療
  1. エナメル質が削れてしみる場合
    削れた部分を歯の色をした物で埋めます。

  2. 歯周病による歯の退縮でしみる場合
    歯の周りをきれいに掃除し、歯ブラシをきっちりやる事によって改善してきます。専用の歯磨き粉を使うのもお勧めできます。
    ブラッシングの指導を致します。
1、2、で改善されなければ、しみる部分に薬を塗り込んだり、コーティングをして改善させていきます。

■ 知覚過敏チェック

   口臭が気になる。
   歯磨きで歯ぐきから血が出る。
   歯ぐきが赤い。
   冷たいものがしみる。
   歯と歯の間の歯ぐきが膨らんでいる。
   歯と歯の間に隙間ができてきた。
   歯が伸びてきた。
   歯ぐきからうみが出る。
   かむと痛む。
   歯が揺れる。

あてはまる場合は、相談して下さい。




ホームごあいさつ院内の様子診療の内容治療費医院案内
インプラント歯周病虫歯小児歯科矯正歯科
審美歯科ホワイトニング義歯(入れ歯)
顎関節症|知覚過敏|妊婦さんの治療定期的な検診これからの花嫁の方々へ
歯科お役立ちサイトサイトマップ

杉並区の歯科医院(歯医者) 高円寺デンタルクリニック